いうらの暮らし

アラサー三日坊主女です。ただいま交際10年目の彼氏と同棲中。自分なりの楽しみ方を見つけて生きてます。

お母さんの大変さに気づいたのはいつ?

 

ばんわー、いうらです!

 

みなさんが親の大変さに気づいたのはいつでしたか?

あたしはめがね氏と2人暮らしを始めてからでした。

※うちは母子家庭だったので、ここでは母のことについて書きます!

 

 

1人暮らしの時には気づかなかった

あたしは21~25歳まで1人暮らしをしていました。

仕事をしながらの家事は大変だったけど、自分のタイミングでできるし、めんどくさければ少し金をかけて楽をすることもできました。

なーんだ!

実家を出ると親のありがたみがわかるとか言うけどそうでもないな!

なんて思ってました。

 

2人暮らしになって気づいた母の大変さ

2人暮らしが始まってすぐに、めがね氏の行動が気になり始めました。

 

キレイにしてもすぐ汚くなる

部屋にしても、キッチンにしても、片づけたそばから散らかされます。笑

使ったもの、出したものはそのまま。

使ったものは元の位置に戻して!

 

やるやる詐欺

あとでやると言いつつ、なかなか行動に移してくれませんでした。涙

休みの日だったんだから、どっかでできたでしょ!

自分で言ったことくらいちゃんとやって!

 

頼んだことをやっていない

今日休みなんだから○○やっといてちょうだい。と頼んでいたのに、帰ってきてもやっていない。

はぁ~( 溜息 )

 

気づけば母と同じセリフを言っていた

ある日突然気づきました。

あれっ?このセリフどっかで...?

そこで初めて母の大変さに気づきました。

めがね氏 = 実家暮らしの自分自身だったんですよね。

昔母に言われた時の自分の気持ちを思い出してみると、

それくらいいいじゃん!

あとでやるって言ってるのにしつこいな!

なんてくらいにしか思っていませんでした。

母、すまぬ...!

のちにめがね氏に言われた言葉がきっかけで、1人だけががんばらない家事を心がけるようになりました。

www.iuranokurasi.com

あたしも母にこういう言葉をかけてあげれてたらよかったな。

 

家事は誰の仕事?

実家にいる時のあたしは、母の仕事だと思っていました。

親なんだからやって当たり前でしょ!って。

でも気づいたんですよね。

家事って家族の仕事なんだって。

家事って手伝うものじゃなくて、みんなでやるものなんですよね。きっと。

給料がもらえるわけでもないのに、たくさんの家事をしてくれていた母。

ほんとうにいつもありがとう。

今さらですが気づけてよかった。

自分が母になることがあるかわかりませんが、もし母になった時は自分の母のようになりたいです ( ・×・ )

 

よかったらクリックお願いします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

今週のお題「大切な人へ」