いうらの暮らし

アラサー三日坊主女です。ただいま交際10年目の彼氏と同棲中。自分なりの楽しみ方を見つけて生きてます。

7年間毎日連絡をとっていたLINEグループから抜けました

 

ばんわー、いうらです!

 

あたしには高校を卒業してからずっと続けていたLINEグループがありました。

 

メンバーは高校が一緒だった、Rちゃん、Pちゃん、いうらの女子3人です。

高校時代3人同じクラスになったことはないし、3人で遊びに行ったこともありませんでした。

卒業してからなんとなく集まるようになりこのLINEグループができたのですが、今考えると不思議なメンバーだなって思います 笑

今日あった楽しいことや、仕事の話、愚痴や、ご飯、彼氏の話などを、毎日そこで話すのが日課でした。

まさか7年もの長い間続くなんて、メンバーの誰も思ってなかったんじゃないかなって思います 笑

 

 

LINEグループをやめた理由

きっかけ

 

2人に子どもができたことだったと思います。

彼氏と1番長く続いていたのはあたしだったのですが、見事置いてきぼりを食らってしまいました。

 ( 今は置いてきぼりとは思っていませんが、当時はそんな気持ちでした!)

ちょっと寂しい気はしましたが、2人がそれぞれ結婚をした時あたしは自分のことのようにうれしかったです。

先にRちゃんに子どもができ、Pちゃんにはまだ子どもができないという期間が1年ほどありました。

その間あたしはずっとPちゃんの相談を受けていました。

まぁPちゃんは浮気しまくりの女だったのですが、彼女なりに旦那さんとの子どもは欲しかったようです。

そして今年の頭にPちゃんの妊娠発覚。

彼女の浮気は何年も続いていたのでちょっと複雑な気持ちでしたが、ずっと欲しかった子どもができてよかったなと思いました。

 

話題の中心はいつも子ども

そこから数ヶ月、LINEでの話題は8割がた子ども。

以前のようにいろいろな話はしなくなりました。

最初は写真を見せてくれたりぐらいだったので、あたしも楽しく話せていたのですが、

徐々に話題はベビー用品や妊娠あるあるの方向へ。

ご想像の通り、あたしは話についていけず、そうなんだ!妊婦さんって大変そう!ベビー用品かわいいね!と受け身な返事しかできなくなっていました。

5ヶ月経つ頃には、LINEに顔を出すのが嫌になってきてしまい、10日に1回顔を出してちょろっと返事をするまでに出現率が大幅に低下。

通知だけがどんどん増えていき、ただでさえ結婚や妊娠に焦りを覚えていたあたしにはけっこうなストレスへとなっていきました。

 

LINEグループを抜ける決断

ある日突然、あー!もうダメだ!LINEの通知の数すら見たくない!!という気持ちになってしまいました。

そこで思い切って事情を話し( 仕事で疲れてLINEに顔出しができないのと、会話に少しついていけなくなっちゃったというように話しました )、明るいテンションで1回このLINE休むね!と伝えることにしたのが2ヶ月前です。

2人とも謝ってくれたのですが、逆になんだか申し訳ない気持ちになってしまいました。

大好きな2人の幸せな出来事に水を差してしまったのではないか。

もう昔みたいに集まれることはないのかな。

など不安に思うことはたくさんありました。

でもその不安よりあたしの気持ちの方が限界だったようです。

 

LINEグループを抜けてよかったこと

以前より結婚や妊娠に対する焦りが少なくなりました。

人と幸せを比べるなんてバカなことをしなくなり、結婚はしていないけれどもめがね氏と一緒にいて自分も幸せなんだということを思い出せました。

 

それから

Rちゃんはあたしを心配してなのか時々LINEをくれます。

とてもうれしいです。

そしてつい先日、Pちゃんから出産報告のLINEが来ました。

素直におめでとう!!と言えた自分に安心しました。

 

まとめ

すごく言いにくかったけど、LINEを抜けてよかったと思います。

ストレスをかかえた心は休ませるのが1番でした。

あの時LINEグループを抜けていなかったら、きっとPちゃんの出産報告を聞いても素直に喜べていませんでした。

やっぱり友達だし、幸せなことは一緒に、自分のことのように喜びたいです。

RちゃんとPちゃんが今どう思っているかはわかりませんが、毎日連絡をとっていなくてもあたしにとっては相変わらず大切な2人です。

近いだけが友達じゃないなと改めて感じました。

 

よかったらクリックお願いします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村